耳鳴りは危険信号NO直進|早期治療で人生GOサイン

中年

病気のサインを逃さない

耳

耳鳴りの原因は、耳から脳までの経路のうちのどこかで異常が起きているためである事が多いです。聞こえ方に違和感があったら内耳の検査を耳鼻科で依頼すべきです。難聴の原因の一つにメニエール病という病気があり、酷い場合には薬物療法や手術などの治療を検討すべきです。

詳細を確認する...

難聴の原因と対処方法

悩み

突発性難聴は突発的に発生するので、パニックになる事もありますので、事前に対処方法などをしっておくと冷静に対処する事が可能となります。あせらずに医師に相談するのが良いと言われていますので、落ち着いて病院にいきましょう。

詳細を確認する...

突然の難聴

女性

突発性難聴は、何の前ぶれもなくいきなり難聴に見舞われてしまうというもので、老若男女かかわりなく、誰でもその可能性を持っています。早期治療が、その状態から抜け出すための唯一の方法です。

詳細を確認する...

耳鳴りや難聴は体の不調

耳鳴りと難聴に潜むもの

中年

更年期になると身体的な衰えと同時に精神的にも不安が広がり、あれこれと悩みが増えていきます。耳鳴りや難聴といった耳のトラブルは、老化からくるものだけでなく脳や周辺の臓器の異常を知らせるシグナルになっている場合があります。耳鳴りや難聴と共にめまいを併発するメニエール病や、突然片耳が聞こえなくなる突発性難聴は、周辺の三半規管やリンパの異常から起こっています。疲れているときに生じる耳鳴りにも、何かしらのシグナルを送っていると考えましょう。すぐに耳鳴りが治まらない時には耳鼻咽喉科へ早期に受診しないと、慢性的に鳴り続けてしまう場合があります。また、それに伴う難聴は回復させるのが大変難しく、周辺の臓器の異常が原因の場合には、治療が済むと耳鳴りや難聴も回復する場合があります。

生活環境を意識しましょう

耳鳴りと難聴、耳閉感を伴う突発性難聴の場合、内耳のウイルス感染や血流障害からくるものと考えられ、血流の循環改善薬やステロイド剤を用いた薬物治療を施します。ストレスを避け安静が必要で、発症から10日が肝心です。あまりにも長時間治療を施さないと聴力が回復する可能性が大変低くなります。また、メニエール病は内耳の内部にあるリンパがむくむことで起こるといわれ、耳鳴り、難聴と共に激しい回転性のめまいを生じさせます。治療には抗めまい薬や抗不安薬の投与と同時に、内リンパ水腫を軽減させるために利尿薬を用います。利尿薬は水分の排泄を促進させる薬で、むくみを軽減させます。どちらも過労や睡眠不足、ストレスから症状を引き起こすことが多いため、日頃からゆとりのある生活環境を整え、更年期に至るまでに食生活の改善や適度な運動をする習慣を身に付けることも大切です。